« 舞台紹介(2) 行行林進のふるさと | トップページ | スキャナとバイクと猫 »

2011年3月 6日 (日)

内田剛さんによる感想

『暴走ボーソー大学』の出版から1ヶ月と少し。読んでくれる人はそこそこ増えたけど、感想を寄せてくれる人はまだまだ少数。
そこで、ごく早い時期に三省堂書店の内田剛さんからお寄せいただいた感想を、ご本人のご厚意により、このブログで紹介させていただきます。内田さんと言えばカリスマ書店員として名高い方。作者としてこれにまさる光栄はありません。

-----
いつも大変お世話になっております。
『暴走ボーソー大学』ゲラありがとうございます。
いやいやいや、楽しく拝読させていただきました。
この荒唐無稽さは個人的に大好きです。
(普段とても折り目正しい生活をしておりますので。)
大風呂敷を広げるだけ広げて、こりゃ一体どうなることやらと思いましたが、
ラストは見事な着地で、拍手喝采。新鮮な驚きとともに、
さすがは山之口洋!いよっ、ファンタジーノベル大賞作家!と思いました。
(しかし『オルガニスト』から10年以上とは…感慨深い…)
登場人物のそれぞれのキャラが際立ち、かつ躍動し、
ベタな表現で恐縮ですがハラハラドキドキの展開を堪能できました。
その型破りなボーソーぷりには、共感を超えて羨ましささえ感じます。
「最近、面白い本に出会っていない!」という読者にこそオススメ。
牧歌的ともいえるユルさと巨悪に立ち向かうシビアさが、
絶妙にブレンドされていて癒しと刺激に満ちています。
2011年、最初の驚きと収穫はこの一冊ということで、
売り方、工夫したいと思います。(装丁も非常に気になるところ…)
こんな感じでどうぞよろしくお願いいたします。
-------------------------------------------------
株式会社 三省堂書店 営業本部
内田 剛

|

« 舞台紹介(2) 行行林進のふるさと | トップページ | スキャナとバイクと猫 »

コメント

 お久しぶりです。ものすごく遅ればせながら、『暴走~』読ませていただきました。正直、読み始めるまでは、おバカ大学生という自分とは年齢的にも性格的にも程遠い登場人物たちに果たして感情移入できるか、とても心配だったのですが、杞憂でした。面白くて一気読み!主人公たちにもすっかり愛着が湧きました。大学なんて実利を追う所じゃない、好きなことを勉強して、それが巡り巡って人生や社会のどこかでちょっぴり役に立てばめっけもの、というのが私のかねてからの持論(?)なので(人に話したら、今はそんな呑気な時代じゃないと一蹴されてしまいましたが)、そういう意味ではすごく分かる世界でした。
 一風変わった凝ったキャラ創りはさすがですね(中でも my favoriteはきたねこ先輩!)。いつも思うのですが、一作で終わってしまうのが勿体ないくらい。でも、主人公たちは卒業したりトラウマが治ったりしてしまっているので、続編は難しいか・・・。
 次はできたら『天平冥所図会』の続編をお願いします!

投稿: SF | 2011年4月24日 (日) 17時07分

SFさまご無沙汰しています。この年になって青春物なんて書けるのだろうか、と思いつつも、どうしても書きたかったのは、私自身はこういう青春と無縁だったからでしょうね。さりとてSFさんほど真面目な大学生だったわけでもなく、下宿に引き籠もってはいらない本ばかり読んでましたね。
ある読者が、映像化するときはきたねこ役ははんにゃの金田キボンと言われたのがツボにはまってます。なるほど、あいつかあ。

Amazon書評、どうも有り難うございました。

投稿: YoYa | 2011年4月27日 (水) 13時25分

内田剛さんの下の名前は何とお読みするのですか?ごう?つよし?

投稿: 倉本たみの | 2011年6月 9日 (木) 15時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218065/51049560

この記事へのトラックバック一覧です: 内田剛さんによる感想:

« 舞台紹介(2) 行行林進のふるさと | トップページ | スキャナとバイクと猫 »