« 舞台紹介(1) シンジの実家・「西川精肉店」のモデル | トップページ | 内田剛さんによる感想 »

2011年3月 4日 (金)

舞台紹介(2) 行行林進のふるさと

Odorobus

作中でお馬鹿学生たちの活動に「大人の常識」を注入する役割の行行林進(おどろばやしすすむ)講師ですが、この変な姓は、船橋市内の地名に由来します。もう八千代市との境界に近い辺り。

なんでこれを「おどろばやし」と読むかと言えば、昔、この辺りを歩いていると、行けども行けども林が続くので「おどろいてしまう」という、なんだか間抜けなエピソードから。たしかに作品の舞台になる房総や千葉県内陸部は、どこに行っても雑木林と竹林だらけです。いずれ人類が滅亡したら、房総半島はまた雑木林と竹林で埋め尽くされた巨大な「おどろばやし」になると思われます。

初対面の人は誰も読んでくれないこの姓ですが、シンジの父親である西川精肉店の二代目・西川大吉は、「秘密のケンミンショー」の某マスターよろしく、
「あなた、船橋市の出身だね」
と行行林の故郷を言い当てます。

|

« 舞台紹介(1) シンジの実家・「西川精肉店」のモデル | トップページ | 内田剛さんによる感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218065/51029368

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台紹介(2) 行行林進のふるさと:

« 舞台紹介(1) シンジの実家・「西川精肉店」のモデル | トップページ | 内田剛さんによる感想 »