« Twitterはじめました | トップページ | 舞台紹介(1) シンジの実家・「西川精肉店」のモデル »

2011年2月28日 (月)

せきれい荘のタマル

Tamaru_2

 毎年2月ころに、ファンノベ大賞の仲間が集って新年会をやるが、この本はその席で僕の新作と物々交換してゲットしたもの。もちろん直筆サイン本。実はどっちも大学サークルを舞台にした青春物で、表紙絵さえ同じスカイエマさんで被ったという、「やあ、奇遇だねえ!」な巡り合わせだった。登場人物の数と面積とで、表紙勝負は僕の勝ちだったのだが……。

 静岡から東京の大学に進学し、映画研究部に入部した主人公・石黒寿史が、部の先輩であるタマルこと田丸大介と、下宿で偶然隣同士になるのが悲喜劇の始まり。この先輩、名前こそタマルだが、はた迷惑な思いつきは押し通すわ、何にでも他人を巻き込むわのタマラン男。その突飛で強引な行動に振り回されて寿史は疲労困憊する。ついに寿史が密かに好意を寄せる同郷ののりたまこと法村珠美にも近づき始めて……。

 新潟弁を連発しながら暴走機関車のごとく行動しまくるタマルの性格が実に魅力的だ。人の気持ちは決して「おもんぱかれない」けれど、根は100%、いや150%の善人。人に手を差し伸べたい気持ちが超高速で空転しているようなお節介焼きなのだ。のりたまへの猛アタックだって、寿史の恋心を「おもんぱかれなかった」だけのことで、決して悪気からではない(迷惑なのは同じだろうが)。

 イマドキの若者は空気を読むのは上手く、他人の領分にずかずか上がり込まないし、大言壮語もしない、身の丈に合った生活を楽しもうとする。よく言えば洗練されているが、悪く言えば蛸壺に入っており、他人と深い関係を結ぶのが苦手だし、困難な問題を乗り越えるパワーに欠ける。そうしたありがちな若者とは対極的なタマルのなりふり構わぬ行動で、映研という小社会の冷え冷えした安定は突き崩され、新しい可能性が芽吹き、泥濘から抜け出せる学生も出る。読み進むうちにタマルのタマラナサが愛嬌と映ってくるから不思議。もちろん、小説の中の人物だからと安心しているからなのだが……。

 実際、ラスト近くになると、寿史も含めた幾人もが、タマルの美点、というか、タマル的行動の効用に気づき、一言多くなったり、お節介を焼いてみたりして、ちょっと「タマルめいて」くる。閉塞しきった今の世の中のしがらみをぶち破り、変えていくのは、案外、こういう男なのかも知れないなどと、オッサン目線で考えてしまう。

 カルト教団のオルグの仕組みや、教団関係者らの描写も、簡潔ながら十分な気味悪さを備えている。昔々、上祐君と机を並べて勉強したこともある私が言うのだから間違いない。

 自戒も込めて言うのだが、こういうタッチの作品だと、作者はストーリーを面白くしようと、つまり笑いを取ろうとして、登場人物につい無理な行動をさせやすい。そこから性格の輪郭が壊れ、人物が実在感を失ってただの文章に堕してしまう。ところが越谷さんが書く登場人物は、みな性格の輪郭が強固で、多少物語が散らかったとしても、行動がその輪郭からはみ出さないので、まるで自分の友人知人のように、安心して付き合える。そして別れを惜しむような、しみじみした読後感を生む。おそらくこの才能は、人が好きで、人への気配りがとても細やかな、越谷さん本人の性格とも結びついている。

|

« Twitterはじめました | トップページ | 舞台紹介(1) シンジの実家・「西川精肉店」のモデル »

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

投稿: 藍色 | 2013年2月26日 (火) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218065/50995254

この記事へのトラックバック一覧です: せきれい荘のタマル:

» 「せきれい荘のタマル」越谷オサム [粋な提案]
静岡から東京の大学に進学した石黒寿史は、同郷である法村珠美(のりたま)への恋心から、同じ映画研究部に入部する。しかし寿史は、やたら面倒見のいい、同サークルの先輩・田丸大介(タマル)につきまとわれ、早...... [続きを読む]

受信: 2013年2月26日 (火) 01時05分

« Twitterはじめました | トップページ | 舞台紹介(1) シンジの実家・「西川精肉店」のモデル »