« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

せきれい荘のタマル

Tamaru_2

 毎年2月ころに、ファンノベ大賞の仲間が集って新年会をやるが、この本はその席で僕の新作と物々交換してゲットしたもの。もちろん直筆サイン本。実はどっちも大学サークルを舞台にした青春物で、表紙絵さえ同じスカイエマさんで被ったという、「やあ、奇遇だねえ!」な巡り合わせだった。登場人物の数と面積とで、表紙勝負は僕の勝ちだったのだが……。

 静岡から東京の大学に進学し、映画研究部に入部した主人公・石黒寿史が、部の先輩であるタマルこと田丸大介と、下宿で偶然隣同士になるのが悲喜劇の始まり。この先輩、名前こそタマルだが、はた迷惑な思いつきは押し通すわ、何にでも他人を巻き込むわのタマラン男。その突飛で強引な行動に振り回されて寿史は疲労困憊する。ついに寿史が密かに好意を寄せる同郷ののりたまこと法村珠美にも近づき始めて……。

 新潟弁を連発しながら暴走機関車のごとく行動しまくるタマルの性格が実に魅力的だ。人の気持ちは決して「おもんぱかれない」けれど、根は100%、いや150%の善人。人に手を差し伸べたい気持ちが超高速で空転しているようなお節介焼きなのだ。のりたまへの猛アタックだって、寿史の恋心を「おもんぱかれなかった」だけのことで、決して悪気からではない(迷惑なのは同じだろうが)。

 イマドキの若者は空気を読むのは上手く、他人の領分にずかずか上がり込まないし、大言壮語もしない、身の丈に合った生活を楽しもうとする。よく言えば洗練されているが、悪く言えば蛸壺に入っており、他人と深い関係を結ぶのが苦手だし、困難な問題を乗り越えるパワーに欠ける。そうしたありがちな若者とは対極的なタマルのなりふり構わぬ行動で、映研という小社会の冷え冷えした安定は突き崩され、新しい可能性が芽吹き、泥濘から抜け出せる学生も出る。読み進むうちにタマルのタマラナサが愛嬌と映ってくるから不思議。もちろん、小説の中の人物だからと安心しているからなのだが……。

 実際、ラスト近くになると、寿史も含めた幾人もが、タマルの美点、というか、タマル的行動の効用に気づき、一言多くなったり、お節介を焼いてみたりして、ちょっと「タマルめいて」くる。閉塞しきった今の世の中のしがらみをぶち破り、変えていくのは、案外、こういう男なのかも知れないなどと、オッサン目線で考えてしまう。

 カルト教団のオルグの仕組みや、教団関係者らの描写も、簡潔ながら十分な気味悪さを備えている。昔々、上祐君と机を並べて勉強したこともある私が言うのだから間違いない。

 自戒も込めて言うのだが、こういうタッチの作品だと、作者はストーリーを面白くしようと、つまり笑いを取ろうとして、登場人物につい無理な行動をさせやすい。そこから性格の輪郭が壊れ、人物が実在感を失ってただの文章に堕してしまう。ところが越谷さんが書く登場人物は、みな性格の輪郭が強固で、多少物語が散らかったとしても、行動がその輪郭からはみ出さないので、まるで自分の友人知人のように、安心して付き合える。そして別れを惜しむような、しみじみした読後感を生む。おそらくこの才能は、人が好きで、人への気配りがとても細やかな、越谷さん本人の性格とも結びついている。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2011年2月14日 (月)

Twitterはじめました

人もすなるTwitterを我もしてみむとてすなり。
ユーザ名はYoYamanoguchiです。

でも何だか使い方よくわからんのだよな。
しばらくは本でも読んで勉強します。
さしあたりファンノベ賞を中心にフォローしますから邪険にしないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

カバーと帯を紹介!

本番の装丁に使われたイラストは、表紙から背表紙までグルリと回したスカイエマさんの豪華イラストが特徴。
ここに描かれた八人が、学校法人秋元学園房総自由大学の「極楽研究会」のメンバーおよび偽OB、および押しかけ講師の面々です(スカイエマさんのご厚意により掲載しています)。

Cover_2

そしてこっちは帯。近年まれに見る豪華顔合わせなのに、書店で平積みになっているのもあとわずかなので、こちらも紹介してしまいます。畠中さん、森見さん、どうもありがとうございました。そう言えば、明日は畠中さんなども参加して新年会が入っているな。この空模様がやや心配……。

Obi

ちょっと間をあけて、次回からは作品の舞台となった房総半島の「場所」などを少しずつ紹介していこうと思います。それと、誰か早く読んでどこかに感想でも載せてくれませんかねえ。発行後10日経つというのにまったく反応もないので、不安でたまりません。たとえ悪口だっていいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

登場人物紹介(8) 行行林(おどろばやし)進

Odorobayashi

 登場人物紹介もこれで最後。

 行行林(おどろばやし)進 通称OK(オジャマ・コーシ)。環境情報学部の所属で、情報科目を担当する非常勤講師。脱サラして小説家になったものの、いまだに専業では食えず、割のいいバイトのつもりで講師稼業を続けている。当然、大学への忠誠心や帰属意識などさらさらない。大学廃校が本決まりになってからは、就職活動に浮き足立って休講の山を築く教授たちの代講を引き受けるうち、顧問となった極楽鳥研究部を巻き込んで真相究明調査に深入りしていく。その目的は謎。極研メンバーの議論に『大人の常識』というエッセンスを加えるのが役割といえば役割。
 まあ、ありていにいって作者自身の分身ですね。十年以上におよぶ大学講師生活で、あからさまに言えない本音はみんなこのキャラに代弁させてしまいました。
 それにしても、スカイエマさんはぼくの顔、知らないはずなんだけど、イラストになってみると、異様なまでに似ているなあ……。

 本文から少し引用……

「先生は逃げ出さないでいいんですか?」
 最前列に座っていた楠葉が行行林に声をかける。からかうのではなく、素朴な疑問、という口調だ。背を向けてチョークで「経・営・学……」と書いていた行行林は、みみずのスケートみたいな字で「とは何か?」と一気に書き上げ、バンと黒板を叩いた。
「僕には逃げ場がないんだ!」
 教室がワッと湧く。本来の自分の講義では、説明は要領を得ず、ギャグは滑りまくるため、学生の間でひそかに「世界一フケたい授業」の異名を取っているくせに、今日はいったいどうなってるんだ、とシンジは思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

登場人物紹介(7) きたねこ

Kitaneko

 きたねこ ?学部?回生 通称OB(オジャマ・ボーイ)。キャンパスが愛知にあった十二年前から在学している唯一の生き残りだという噂の万年学生。フィギュアおたくの変態、という以外は謎だらけの存在。本名が不明なため、誰もがこの通称で呼ぶしかない。あだ名の由来さえ不明。本当のOBでもないのに極楽鳥研究会の部室に出入りしている。いつまで在学する気なのかも誰も知らない。

 本文から少し引用……

 警備員との問答にみなが気を取られている隙を狙い、黒ストッキングから白く浮き出た杏子の膝小僧を、きたねこがくるりと撫で回したのだ。
「触るな!」
 杏子の片脚が反射的に前に出る。猫に蹴飛ばされたひよこのように中腰のままよろけたきたねこは、しかし無駄のない動きで上半身を反転させ、大人しく腰かけていた亜里砂の、ドレスの肩のボワンとした膨らみに、両手ではっしとしがみついた。
 セクハラ版の宮本武蔵みたいな人だな、と出鼻をくじかれた山鹿は妙に感心した。お寺にでも籠って、日夜この修行でもしていたのか。
「きゃん!」
 短く叫んだ亜里砂が、腕を胸の前でクロスさせ、肩にかかったきたねこの手首をつかむ。きたねこはけげんな顔で亜里砂を見上げた。騎馬戦の馬みたいに組み合わされた二人の手の表面に、見えない力の波が通り抜ける。
「き、きたねこ先輩は、なぜ、きたねこ、って呼ばれているんですか?」
「そ、それは秘密です」
 二人は見つめ合ったまま、無意味に会話する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登場人物紹介(6) 会田楠葉

Kuzuha

 会田楠葉 通称クモハ。国際観光学部二回生。鉄道に乗ってさえいれば幸せという鉄女。自然と計算ほか理数系に強く、メンバーたちから、「なんでこんな大学に来たの?」「なんで女子鉄道研究会を創らないの?」と不思議がられている。一見無愛想だが、珍工夫をひねり出してはメンバーたちの活動を支える頼りになる子。

 本文から少し引用……。

「うす、先輩、亜里砂は?」
 シンジは杏子と顔を見合わし、しかたなく、亜里砂の機嫌を損ねてしまった顛末を打ち明けた。
「まぁったく! そのデリカシーのない女の子との接し方、シンジ先輩ならではですね」
 黙って聞いたあげくに、楠葉は心に突き刺さる寸評をした。
「まあ、そうシンジを攻めるな。悪気があったわけじゃないんだ」
「なんで傍観者になりきってるんですか。杏子先輩ももちろん同罪です。でもちょっと待って下さい。私、呼んでみますから」
 デリカシーのない先輩たちから離れ、ケータイを操作しながら、植え込みの木立の中を歩いていった楠葉は、部室に戻ってくると言った。
「今、来ます。でもお説教は厳禁ですからね」
「恩に着る!」シンジと杏子の声がハモった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

登場人物紹介(5) 三ツ瀬彰

Akira

 三ツ瀬彰 通称彰。国際観光学部三回生。クールなイケメンを生かして夜は木更津のクラブで店長兼トップホストを務める。特技はナンパ。このまま中退してホストとして生きるのも悪くないかな、と最近思っている。極太のエース客である暴力団組長の妻・田辺蘭子とつい深い仲になったために、大ピンチに巻き込まれる。

本文から少し引用……

「ちぃーっす!」
 そこに、派手なホスト服に春物のコートを重ね着した彰が、水の中を歩くような足取りでやってきた。座敷の上がり框につまずいて這いつくばる。
「どうした彰。来た時からもう飲み過ぎてるぞ」
「あのさぁシンジ、これ俺の本業。これでもお得意さんに解放してもらうのに、ドンペリ一気飲みさーられたりさ、涙ぐましい試練をググりぬけてきたんだよね」
 ろれつが怪しい彰は、きたねこと楠葉の間の席に座った。事実、彰はエース客の蘭子にさんざんいじめられた上、店外デートの約束までさせられ、ようやく「パステルブラック」からタクシーで逃亡してきたのだ。嫉妬で三角になったカバの眼もトラウマになりそうな感じ。
「お、彰。いいところに来たな。シャンパンコールやれ。シャンパンコール」
 なんとか話題をねじ曲げたい杏子が、彰に無茶ぶりする。
「あのさぁ杏子さん、前から言ってるようにシャンパンコールってのは一人じゃ演れないの! それにいい加減、クラブのことを忘れさせてくれたっていいじゃん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登場人物紹介(4) 兵藤亜里砂

Arisa

 兵藤亜里砂 通称亜里砂ちゃん。福祉学部一回生。極楽鳥研究部に入会してきた待望の新入生。いつもクラロリ系のドレスで身をかためている美少女だが、それは実は擬態であり、高校時代にひどい心の傷を負って、誰も知り合いのいないこの大学に入学してきた。ラストの悪人たちとの最終決戦では、人質にとられるものの、新燃岳のようにため込んでいたマグマがついに爆発する(?)。

本文から少し引用……

「ご心配なく、実は……」急に声の調子が変わったのでみなが振り返る。「音信山はフェイクです。これからみなさんを、房総最大のパワースポットにお連れします」
 亜里砂は言葉を切る。他のメンバーはやや追い詰められた感じで異口同音に言う。
「どこ?」
「嶺岡の愛宕山です」
 上目使いに、猫娘のような不敵な笑みを浮かべる亜里砂。おりから一陣の風が起こり、カンカン帽をかぶった亜里砂の長い髪をかきわける。でも、『ハリー・ポッター』のワンシーンじゃあるまいし、そんなに都合よく風が吹くかな、とみなが振り返ると、あずまやの裏にあいついで急停止した二台の車が、その風を巻き起こしたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

登場人物紹介(3) 山鹿タツヲ

Yamaka

 山鹿タツヲ 通称ヤマカシ。福祉学部三回生。月島の高層マンションで生まれたために、「高所平気症」のまま育ってしまった。特技はパルクール。全身バネのような長身を生かしてあちこちの高所によじ登り、家屋に忍び込む。「ガッコウが無くなったらドロボーにでもなるかな」と冗談めかして言っている。

本文からちょっと引用……

「窓の外に逆さになった山鹿先輩がいたら、びびるかも」
 山鹿の性癖を知らない亜里砂に、楠葉が動物園風の解説を加える。
「えーっ、でも、それって恐くないんですか?」
「僕はあんまり恐くないんだ。逆に何日も高いところに登らないと、気分がささくれ立ってくるんだよね。子どものころ『高所平気症』って診断されたけど、今はもっと病状が進んで、『高所依存症』みたい」
 亜里砂は真剣なまなざしで山鹿の顔を見つめていたが、大きくうなずいた。
「うん、なんだかわかるような気がします」
「メルシー、プークー。優しいね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登場人物紹介(2) 北野杏子

Kyoko

 北野杏子 通称女社長。国際観光学部四回生。慎次と同年齢ながら、誰もが「さん」づけで呼ぶほどの姐貴オーラを放っている。特技は本質を突くこと。口は悪いが、成績はトップクラスであり、単位を取り終えてほっといても卒業(で)られる状態にある。だから慎次たちに協力して廃校の陰謀を暴く理由はないのだが、そこは一肌脱がずにはいられない。すでに勝浦グランドホテルへの就職を決めており、いまは長期バイトでOJT中。

本文からちょっと引用……

極楽鳥研究会の「影の最高権力者」である。本日の不機嫌指数は七〇パーセントくらい、とシンジは見て取る。
「小清水の野郎……大学まで乗せてくれと頼んだだけなのに、勘違いしやがって!」
 小清水とは、杏子が所属する国際観光学部の准教授。四〇がらみの独身男で、勝浦から車で通勤している。杏子は文句をまき散らしながら、タイトスカートの布地がピンと張るほどの大股で部室を突っ切り、「女社長の椅子」にどっかと座り込む。
「杏子さん、待って!」彰と樟葉が口々に叫んだが、一瞬遅かった。
「はにゃん!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

登場人物紹介(1) 西川慎次

Shinji

 西川慎次 通称シンジ。房総自由大学環境情報学部四回生。極楽鳥研究会会長。このままでは単位が足りず、卒業が危ういと感じはじめている。特技などない。後輩の楠葉によれば「先輩は統計的に見てもっとも平凡な一学生であるところに存在意義がある」。実家の西川精肉店を継がされそうだが、何とか逃げ出したいと思っている。密かに北野杏子に好意を抱いているが、女性への目覚めは遅く、杏子からは『童貞』とからかわれている。

本文から少し引用……

 かなり美人の兄嫁が、こないだの正月、家にやってきて言った。
「ここでコロッケやメンチ、いただいて帰って、遙香に食べさせたら、『叔父ちゃんのコロッケはおいしいね。町一番のお肉屋さんになれるね』ですって。ほほほ……」
 シンジは屈託無く笑う兄嫁の横顔を呆然と眺める。これは陰謀だ。俺の頭越しに両親と兄夫婦が結託し、俺を肉屋の跡継ぎにするためのレールを着々と敷いているのだ。兄嫁の魂胆はわかっている。兄の健一が脱サラして肉屋を継ぐ、ゼロコンマゼロゼロいくつかの可能性さえ、きっちりつぶしておきたいのだ。どうやら義姉(ねえ)さんはノギスのような人だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう一枚の、幻の表紙

表紙レイアウトの関係で使えなかったイラストです。これが見られるのは『山之口.com』だけ! なんて……。
イラストレーターのスカイエマさんのご厚意で掲載しています。

1105

このイラスト、各登場人物の性格が見事に捕らえられていて、私、大好きです。ざっと名前だけ紹介すると……

後ろ向きで頭をかかえているのが、「極楽鳥研究会」会長のシンジ

白のクラロリファッションで固めているのが、新入生の亜里砂

亜里砂のスカートにひしとしがみついているのが、謎のOB(オジャマ・ボーイ)きたねこ

「女社長の椅子」にふんぞり返ってきたねこの背中を蹴りつけているのが、影の実力者の杏子

画面左下で、ムツカシゲな本と首っ引きなのが、鉄女の楠葉

シンジの向こうでチャラいファッションできめているのが、ホスト学生の

窓の外に逆さまにぶら下がっているのが、高所平気症の山鹿

です。採用された表紙絵には描かれているOK(オジャマ・コーシ)の行行林(おどろばやし)は、ここには登場しません。

これから少しずつ、各登場人物の紹介とか、作中に出てくる場所や店の紹介などを、やってみます。こうご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »