« 2010年1月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年4月

2010年4月13日 (火)

文庫 出ました!

Photo

天平時代を舞台にした歴史ファンタジー『天平冥所図会』が文春文庫から出ました。実を言えば、文庫にしていただけると思っていなかったもので(単行本は2刷止まり)、とっても感謝感激しています。

イラストは単行本で主要登場人物全員のキャラを描いてくださるほどこの作品を読み込んで、力の入ったイラストを描いていただいた三木謙次さん(@『僕僕先生』)。文庫表紙のために新しいイラストを描き下ろしていただきました(そればかりか、登場人物の一覧表中のある人物が、表紙と違うとの理由で修正するなど、作品の中にまで入り込んでいい仕事をしてくれました。感謝のあまり、イラストでTシャツを作って出講している大学に着ていったくらいです。

解説は面白時代小説に造詣が深い細谷正充さん。三年前の単行本以来、本書を暖かく見守ってくださっています。一読して、ここまで読んでいただければ作者も「もう思い残すことはない」くらいです。ただ細谷先生、

「しかしだ。なぜ作者は、これほど作品の多様性にこだわるのか。」

というのは、買いかぶりです。私は自ら望んで作品をいろんなジャンルに散らかしているわけではなく、思いつく話が、たまたまどのジャンルにもおさまらない、変な話ばかりなのであります。一つのジャンルで一貫して書き続け、骨を埋められればどんなによいか、と熱望しながらも、たまたた頭に浮かび、登場人物のイメージが住み着き、さあ書けさあ書けと迫る物語が、どれもへんてこな、ジャンルからはみ出た話ばかりなのです。現に今は、台湾を舞台にしたファンタジーと、房総を舞台にした学園ドラマを同時進行中です。自分が面白いと感ずることと、世間の人が面白いと感ずることがずれている。これが私の作家としての立脚点でもあり、致命傷でもあります。

帯の推薦文は、同じファンタジーノベル大賞出身の、森見登美彦さんにもらいました。

「祝! 平城京開都1300年 諸君、この書を持って奈良へ行こう」

森見さんは京都を舞台にした作品をつぎつぎと書いておられる新進気鋭の作家ですが、実は奈良県のご出身です。いまは東京にご在住です。二月にPM会(仮称)という飲み会でひさしぶりにご一緒したのですが、すっかり流行作家らしい貫禄を身につけておいででした。彼の才能を見るにつけ、モーツァルトと共演するサリエリみたいな気分になります。いやマジで。

この作品を読んだ方は、続編などありえないとお考えでしょうが、実はこの作品には、続編4作品の構想があります。書かせていただけるかどうかは文庫の売れ行きしだいですが。ちょっと、祈るような気持ちでおります。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年12月 »