« 山之口家のけったいなIT道具たち(2) スタンド式モニタ | トップページ | 「週刊現代」リレー読書日記がゴールイン »

2008年6月23日 (月)

突然 ビグスクオヤジ!

最近、何も新しいことに挑戦していない気がして、何かやろうと考えた末、普通二輪の免許を取ることに決めたのが2ヶ月ほど前の3月20日。自宅から最寄りの「市川中央自動車学校」に9万円くらい納めて「普通二輪AT」つまりいわゆるビッグスクーター向けのコースを受講することにした。いまやF1さえATである時代に、いちいちマニュアルでミッションを切り替える意味を感じないし、その趣味もないからである。
二輪に関してはトラウマがあって、15年くらい前に原付に乗っていた頃、当時つとめていた会社からの帰り道で転倒し、右の鎖骨を骨折したのである。川崎市生田の、専修大学の校門前だった。数日の入院。
それ以来、自分の人生は二輪に縁がないものとあきらめ、心して遠ざけて来たのだが、15年経って誘惑に抗しきれなくなったのである。
それに、二輪に乗るのもまあ70までとすれば、楽しめる時間はあと20数年しかない。やりたいことを我慢していてもしかたがないし、ついに心中密かに軽蔑していたバイクオヤジになってしまった。
普通自動車の免許なら、取って30年近くになる。どうも当時の教習所というのは、ストレスに満ちた、やな奴が多い場所だったような記憶みたいなものがあったのだが、最近の教習所は大違い。毎朝一番で積極的に通ったせいもあり、楽しく全課程を3週間ほどで終えることができた。
晴れて免許も更新すると(思いがけず、ゴールド免許をもらえた)、やはりどうしても二輪車が欲しくなる。緊縮家計も顧みず、妻の冷たい視線にも耐え、走行1000キロに満たない新同の中古で、4月末にSUZUKIのスカイウェイブtype Sというのを手に入れた。それがこれ。

080601_125211_resize

0806011_2

現在執筆中の新作に合わせて「ブルードール」と呼ぶことにした。
私は毎年、夏の2ヶ月間は北軽井沢で本を読み、本を書いているのだけど、今年は新しいオモチャができたので、夏休みの待ち遠しさもひとしお。ハヤクコナイカナ。

|

« 山之口家のけったいなIT道具たち(2) スタンド式モニタ | トップページ | 「週刊現代」リレー読書日記がゴールイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218065/41621237

この記事へのトラックバック一覧です: 突然 ビグスクオヤジ!:

« 山之口家のけったいなIT道具たち(2) スタンド式モニタ | トップページ | 「週刊現代」リレー読書日記がゴールイン »