« 2007年10月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年1月

2008年1月21日 (月)

山之口家のけったいなIT道具たち(2) スタンド式モニタ

暮れから正月明けまで、次回作『麦酒アンタッチャブル』の初稿に追われておりまして、更新が遅れてしまいました。ようやく脱稿して、これからは少し更新ペースも戻さなくては……。

ソファにふんぞり返って、「偉い人キーボード」で執筆するとなると、机が要らなくなるのはいいのですが、二つ、困ることが起きます。

一つは、マウスの置き場所。これは、タッチパッドをソファの右横側面にマジックテープで貼り付ける、という手段で解決しました。もともと、物書きはあまりマウスを使いません。執筆中は5分に1回くらいの感じですから、これで十分です。

もう一つ、こっちは大きな問題なのですが、モニタの設置方法です。天井からアームで吊るとか、壁掛けにし、それに向かい合わせにソファを置くとか、いろんな案を考えたのですが、天井アーム式はバカ高い割りにはスマートな解決策とはいえないし、壁に向かうのでは足下が窮屈です。

そこで、こしらえたのがこれ、「スタンド式モニタ」です。

Sany5159

写真が暗くてわかりづらいのですが、モニターを支えている部分は普通のモニターアームの先端です。それを高速切断機(薄い砥石が回転するやつ)でぶった切って、木工用の「ローラースタンド」なるものにくっつけてあります。これはテーブル鋸などの工作機械に長い材木をかけるときに、その端を支えて落ちないようにする補助輪みたいな道具でして、ホームセンターで2000円足らずで入手しました。それのローラーをはずしたところ、伸縮式の角パイプのサイズが、ぶったぎったモニターアームの角パイプに偶然具合よく収まりましたので、面倒な溶接は省略して、プラスチック充填でお茶をにごしましたが、実用強度は十分あります。

Sany5167

このように、ソファの前に立てて使います。スタンドの先はVESAマウントになっておりますから、ほとんどのモニタで使用できます。写真のはDELLの3007(30インチ)です。高さ調節や、モニタの回転も自由にできますので、ポートレート型――つまり縦型のモニタとして使うこともできます。○○画像の鑑賞とかにいかが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年6月 »