« 登場人物紹介(5) 吉備由利 | トップページ | 登場人物紹介(7) 光明皇后 »

2007年9月 6日 (木)

登場人物紹介(6) 聖武天皇

Shoumu_face

第四十五代天皇。後生のわれわれにとっては、「奈良の大仏をつくったヒト」というのが一番ぴったりくる説明でしょう。国の財政を傾け、国民を徴用してまであの巨大な仏像をこしらえたくらいですから、仏教への信心堅固なことは言うまでもありません。その仏教への傾倒は娘の孝謙天皇にも受け継がれていきます。

病弱であったこともあって、何度も京を遷(うつ)すなど、奇矯な行動も多く、「ただの思いつきで人民を苦しめた『鬼の帝』だ」というヒトもいますが、この物語ではそうした恨みがましい見方はいたしません。
おそらく、現在の日本を世界最大の仏教国にした、その礎を築いた、というのがこの方の功績でありましょう。
戸主の役人人生の大半はこの聖武帝の治世でした。そして戸主夫婦は、聖武帝と光明皇后の夫婦から、孤児を養育する慈善事業を任されることになります。

|

« 登場人物紹介(5) 吉備由利 | トップページ | 登場人物紹介(7) 光明皇后 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218065/16361194

この記事へのトラックバック一覧です: 登場人物紹介(6) 聖武天皇:

« 登場人物紹介(5) 吉備由利 | トップページ | 登場人物紹介(7) 光明皇后 »