« 母のキャラメル (2001 文藝春秋) | トップページ | 短編ベストコレクション (2002 徳間文庫) »

2007年7月15日 (日)

天平冥所図会 (2007 文藝春秋)

増刷できました! 好評発売中!
0008

別冊文藝春秋」に6回にわたって掲載された連作歴史中編『天平DINKS』を、ほとんど全面的に改稿した作品。はっきりいって全くの別物ですから、雑誌で読んだ方もぜひご一読を!

人々が闇に息づく魑魅魍魎を信じ、共に暮らしていた天平時代。平城宮で葛木連戸主と広虫の役人夫婦が幽界顕界とびこえて活躍する!

青丹よし奈良の都は~と万葉集に歌われた華やかなりし天平時代。権謀術数を巡らすのは重役でも、下っ端役人とはいえ否応なくその争いに巻き込まれ、上手く立ち回らねば無実の罪を着せられ、職を追われ、下手すれば命さえ狙われる。大仏建立に絡む行方不明事件をきっかけに親しくなったちょっと歳の離れた葛木連戸主(かつらぎのむらじへぬし)と和気広虫カップル。この二人がやがて夫婦となって、時に怨霊の力も借りつつ、権力悪に立ち向かう! 史実をもとに花開く、会心の天平ファンタジー絵巻登場。

構成
 4つの中編からなる連作中編ですが、全体を貫く大きなストーリーもあります。

 第1話 三笠山 (書き下ろし)
 第2話 正倉院 (雑誌掲載作品を大幅に改稿)
 第3話 瀬田大橋 (雑誌掲載作品を改稿)
 第4話 宇佐八幡 (雑誌掲載作品を改稿)

主な登場人物(各自の名前は登場人物紹介へのリンクです)

葛木連戸主 光明皇太后の後宮・紫微中台の少忠。
藤野別真人(和気)広虫 後宮に仕える女嬬。後に戸主の妻。
藤野別真人(和気)清麻呂 広虫の弟。右兵衛府に勤める。
吉備真備 戸主の元上司。遣唐使や大宰府長官などを経て中央政界に返り咲く。
吉備由利 吉備真備の娘。広虫の同僚。
聖武天皇 第四十五代天皇。
光明皇后 聖武天皇の后。後に皇太后。
孝謙天皇(重祚して称徳天皇) 第四十六代天皇。聖武天皇と光明皇太后の一人娘。
藤原仲麻呂 紫微中台長官。皇太后の甥で藤原南家の次男。
弓削道鏡 孝謙上皇から寵愛を受け、看病禅師から大臣禅師になる。
藤原永手 藤原北家の次男。
賀茂角足 戸主の直属上司。紫微大忠と左兵衛率を兼任。

これから何日か、それぞれの物語や登場人物たちを紹介していきますので、ご期待ください。

|

« 母のキャラメル (2001 文藝春秋) | トップページ | 短編ベストコレクション (2002 徳間文庫) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218065/15762637

この記事へのトラックバック一覧です: 天平冥所図会 (2007 文藝春秋):

« 母のキャラメル (2001 文藝春秋) | トップページ | 短編ベストコレクション (2002 徳間文庫) »