« オルガニスト 韓国語版(1999 GODO) | トップページ | 誰も言わなかった『大演奏家バッハ』鑑賞法 (2000 講談社) »

2007年7月15日 (日)

オルガニスト (2001 新潮文庫)

デビューから2年9ヶ月……新潮文庫の一冊となった『オルガニスト』です。単行本の三人称を主人公テオの一人称に書き改めるなど、全面改稿を施しましたので、書名として『オルガニスト 完全版』を主張したのですが、それOrganist_bun
だと、まだ絶版になっていない単行本を否定することになるとの新潮社の意見……なるほど、ごもっとも。

『パラサイト・イブ』、『八月の博物館』などの作家・瀬名秀明さんに解説をいただきました。この解説は、史上初の「山之口洋論」でもありますから、中身はともかく(?)、ご一読を……。

|

« オルガニスト 韓国語版(1999 GODO) | トップページ | 誰も言わなかった『大演奏家バッハ』鑑賞法 (2000 講談社) »

コメント

こんにちは♪
今頃ですが、「オルガニスト」文庫本読みました!
よかったです!!素直に涙が出ました・・・
小説の中のちょっと専門的な部分は困りましたが。

単行本も読む予定です・・・(ある意味楽しみ二倍でよすね)
単行本はバッハのオルガン音楽を聴きながら読むつもりです。
山之口さんの本は全部読みたくなりました★

投稿: simizu | 2011年7月 6日 (水) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218065/15762429

この記事へのトラックバック一覧です: オルガニスト (2001 新潮文庫):

« オルガニスト 韓国語版(1999 GODO) | トップページ | 誰も言わなかった『大演奏家バッハ』鑑賞法 (2000 講談社) »