« 誰も言わなかった『大演奏家バッハ』鑑賞法 (2000 講談社) | トップページ | われはフランソワ (2001 新潮社) »

2007年7月15日 (日)

0番目の男 (2000 祥伝社文庫)

0ban
最近わりあいメジャーになった感がある、祥伝社400円中編シリーズの、第一期21点の中の1冊です。

2010年、深刻な環境破壊などの危機を打開するため、クローン技術によって優秀な人材を「大量生産」する計画に協力した環境工学技術者マカロフは、千人のクローン人間の「親」となった。七十年の人工冬眠の後、彼が見た、成長した「分身」たち――あり得たかもしれない別のマカロフたちの姿とは?そして「オリジナル」の運命は? 起こり得る未来を描く、感動の傑作SF!

いよいよヒトクローン誕生が噂される時代になって、なんだかひしひしとデジャブを感じています。

|

« 誰も言わなかった『大演奏家バッハ』鑑賞法 (2000 講談社) | トップページ | われはフランソワ (2001 新潮社) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218065/15762489

この記事へのトラックバック一覧です: 0番目の男 (2000 祥伝社文庫):

« 誰も言わなかった『大演奏家バッハ』鑑賞法 (2000 講談社) | トップページ | われはフランソワ (2001 新潮社) »