« 2002年6月 | トップページ | 2002年10月 »

2002年7月

2002年7月17日 (水)

行けなかったSF大会

執筆のため蟄居していた網代から帰ってきた。百枚の目標には大幅にとどかず、五十枚がやっと。それ以降の四日間で二十五枚。ようやく全体が半分の五百枚を越えて、これなら書けるかもしれないと思えるようになってきた。原稿の枚数の話ばかりでこれを読んでいるひとには悪いけれど、小説家の仕事なんて、書いている最中はそれくらいしか励みになるものはないのである。

続きを読む "行けなかったSF大会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年7月10日 (水)

『不審事物』 最終回

滞在先の網代から明日の講義に出ればよいかと思っていたのだが、台風が近づいているそうなので、一旦自宅に戻ってきた。明日の午後また網代に戻る。アクセスできない場所では見たいとも思わないのに、こうして帰ってくるとさっそくネットに(2ちゃんとか)はまっちまうのはなぜだ?

続きを読む "『不審事物』 最終回"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年7月 5日 (金)

日本語入力環境を変えた

明日からまたしばらく、次回作執筆のために伊豆の網代に籠もる。目標は一週間で百枚。こうして積み上げていけば、いつかは最終目標の千枚になるだろう。このところ、月あたり一週間はそんな生活をしている。おかげで、湯沸かしポットしかない部屋でどれだけ多彩な料理をつくれるかを知る。ゆで卵、スパゲッティ、カレー、ハンバーグほか。焼物のほかはほぼなんでもOK。滞在中はほぼ完全な引きこもり状態であるから、どんな風光明媚な場所であってもなんのちがいもないのだが、今回は温泉であるため、風呂に不自由しないのがよい。五月に行った片瀬江ノ島では自然体で通した(意味不明)。そういうわけで、しばらくはメールの確認も毎日一回。ご用ぎの方は携帯にご連絡を。

続きを読む "日本語入力環境を変えた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年7月 2日 (火)

エッセイ地獄

時事通信社のコラムは捕鯨テーマで、文春『本の水脈』は「チェスタトンから松原正へ」で、bk1『不審事物』はリチャード・パワーズでようやく片づけて、月末ごとにやってくるエッセイ地獄から抜け出す。今月は息子の事故もあって、持ち時間があまりに少ないひと月だった。数カ月分を書きためておいて、のうのうと左うちわで暮らすというのも何度か夢見たのだけど、そうなったためしが一度もない。

続きを読む "エッセイ地獄"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年6月 | トップページ | 2002年10月 »